読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はもっと素晴らしい

(整腸剤はおやつです)

舞台「曇天に笑う」「弱虫ペダル」

舞台はそんなに観に行かないですと言いながらすでに今年2回行ってた。

  • 舞台「曇天に笑う」(2/26)
いつも舞台を観に行くときはほぼ間違いなく「好きな役者さんが出ているかどうか」が決め手なのですが、今作はほぼ全員初めましてもしくは前に好きな役者さん目当てで観に行ったとき共演されてましたね?!っていう方ばっかりでした。それでもなぜ観に行ったのかと言うと、アニメの天火お兄ちゃんがメチャクチャかっこよかったからです!!気づいたら最速先行でチケット取ってた。萌えという名の起爆剤こわい。あと、その天火お兄ちゃんを演じるのが玉城くんというではありませんか。絶対似合うに決まってんだろ!!気づいたら最速先行で(ry

観てきた感想は、結論から言うとアニメの方が感動して泣いた…だって(ある程度いろんなシーンが削られているのは覚悟して行ったけど)主要な女子キャラが最初からいなかったことに or モブ扱いなんだもん…え?なんで牡丹の存在消して話が成り立つと思ったの??なんで錦が町の娘Aみたいなポジションなの??妃子なんでそんなちんちくりんなの??といった感じで感情移入に至れず…脚本書いた人、ちゃんと原作読んだ?プンプン!と思ったらアニメと同じ人が書いてた。ど、どうしてこうなった。とりあえずイケメン出しとけ舞台は早く滅びてください。説明長くて誰も動かないシーンが2〜3回くらいあって意識飛びそうになった。原作もアニメも網羅している人とまったく触れてない人への配慮の分配が中途半端のようにも感じたなあ。

でも玉城くんの天火お兄ちゃんは流石だったあ…!これです!これを観に来たんです!!って感動しました。3兄弟がわちゃわちゃしてるのはアニメ見ているときと同じ気持ちでほっこりしました。さのがくさん可愛いやないか…。あとは刀構えた細貝くんがすんごい様になっててかっこよかった!後ろ姿惚れそうだった!


  • 舞台「『弱虫ペダルインターハイ篇 The WINNER」(3/7・夜)(※ほんのちょっとだけど内容に触れているのでこれから観る予定のある方はご注意ください)
原作は最初の方しか読んでいなくて、アニメも全話録画してあるんだけど最初の方しか見ていないので、もはや舞台が私にとっての新刊みたいになっています。とか言いながら、村井くん=坂道くんが出てるときしか観に行ってないので、舞台ぜんぶ観ているわけではないんですけど…前回観たときは、田所さんと御堂筋くんにメッチャ泣かされた記憶があるのですが、今回は全キャラに見せ場があって、全キャラの見せ場でまんべんなく泣かされました!!ビエーッ!!だってアニメのセーラームーンの最終回方式なんだもん…泣かないわけないじゃん…幼稚な感想しか出てこないんですけど、今までで一番「みんなカッコイイ…」ってうっとりしました。もう群衆の合間を縫って颯爽と現れる荒北さんがかっこよすぎるというだけで泣ける。新開さんがバキューン☆した瞬間に前の席の女の子がビクゥッ!ってなってたのが面白かったです。人が恋に落ちる瞬間を見てしまった…(羽海野チカ先生の作画顔で)

一番泣いたのは鳴子劇場かなあ。あとは今泉くんが鳴子くんに「教わった」ことを「受け入れて」「繋げていく」過程がすごく好き。ハイキューもそうだけど、王様が周りのみんなを認めていくのすごく好き。

この日は偶然にも坂道くんのお誕生日だったので、何かあるかな〜なんて淡い期待を抱いていたら村井くんが「今日は坂道くんのお誕生日ということで!」(私「キター!」)「皆さんでヒメヒメを!!」(私「いつも通りだー!!」)の流れが個人的に楽しかったです。

f:id:edatch:20150309234229j:plain

久しぶりすぎてうろ覚えだったけど楽しく踊ってきました。