読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はもっと素晴らしい

(整腸剤はおやつです)

映画「秘密 THE TOP SECRET」

公開も終了間際に「秘密」観てきました。原作とキャストからしてめちゃくちゃ女子が大好物な要素がてんこ盛りなのに周りに誰も観に行った友だちがいねえしツイッターでも話題にならねえ!どういうことだ!と思って意気込んで行ったら開始10分くらいで椎名桔平の頭がパッカーンされて凄惨な殺人シーンが続くところで「だからかーーーッ!!」と私は心の中で叫びながらしばし目をつむりました。グロ耐性レベルが紙と同等なので、目をつむっても音声もなかなか凄くて(プツッ…ニチャニチャ…ゴリゴリゴリゴリッて音だけでギブ)自主的にVR体験しちゃってる感じでした、つ、疲れた…

開始30分も経たない内に座席に深く沈められると、まるで制作側から「疲れたでしょ?これでも食べて!」と言わんばかり投入される眼鏡にスーツの岡田将生それ実際に着けてる人見たことないけど??っていうショルダーサスペンダー(ガンホルダー?)がシャツと岡田将生の肩に食い込むさまを見ただけでさっき消費したスタミナが一気に全回復!体力が回復したところでサイコパス女とラウンド2!もうやめてよこの女こわいよ!え?「生田斗真の昔の男(松坂桃李)と岡田将生が似てる」って…?マジかよ千明ねえさん!よっしゃ生きる〜〜〜!!と復活したところで襲いかかってくる吉川晃司!みたいな、ダンジョン攻略と宿屋で回復を交互に繰り返すRPGみたいな映画でした。

結論から言うとみんな薪さん(生田斗真)のことが大好き過ぎてこうなっちゃった感じの映画なんですけど、薪さん、本当に放っておけない儚さがハンパないし岡田将生ハンパなく美しいし、残酷なのに美しい映像よりもバディの心理描写に時間割いてくれれば良かったな…最後にもらったUSBメモリの映像、私が青木だったらUSBへし折ってると思う。こんなんで!一連の事件で負った心の傷が!!癒されるか!!!

でも終盤の椎名桔平の、禁忌を犯しちゃいけないのに踏み込んでしまった悲しみと、でも確実に安堵感が宿った表情が凄まじくて、この為にこんな冴えないオッサンの役に呼んだのか…!と感動しました。あんな表情どうやったらできるんだ。