読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はもっと素晴らしい

(整腸剤はおやつです)

「イニDの沼は深いぜ」

新生イニDを観てきたんすよ。劇場版の。正直、好きな四字熟語は「高橋兄弟」か「海馬社長」で迷う世代としては、この「新」キャストに戸惑いっぱなしだったわけなんすよ。とりわけ高橋啓介とかいう人は、えだ史上には欠かせない青春だったわけなんすよ。この「新」キャストが全然知らない若手(しかもみんな下手くそ)で構成されたメンツだったらバカヤロこんにゃろテメーで済むんですけど、この「新」キャスト、みんな中堅以上のベテランしかいないし上手いしお芝居の面では何も言えねー!って感じでした(なぜか最初から叩く気満々の保守派おばさん)。しかも予告動画で中村くんの声がする高橋啓介を見てしまったら、ビビビッ!と来てしまったんですよ。「これは…この高橋啓介は(旧作より)偏差値が高けえぞ…!」と。大学生に見える見える~!と。というわけで観念して映画館行って来ました!結果、すごく良かった!

 

声のイメージはそんなに崩れなかったなー。声のイメージだけに囚われて観に行かないのはもったいない作品だったよ!絵、めっちゃきれいになってたし。でも、しげの先生の絵の基本は崩さず、且つ今風に仕上げて親しみやすい感じにしてある印象でした。先日、野崎くんのイベントに行って開場前の列に並んでいたら、後ろの若いお嬢さんたち(たぶん中村くんのファン)が「今度のイニDのイベント行きます?」って話をしていたんですけど、「原作知らないし、なんか絵柄がオトナの漫画だからちょっと取っつきにくくて…」って仰っていたんですよ。思わず「そう思っていた時期が、私にもありました」って振り向いて両肩つかんで揺さぶりながら話しかけてお縄に頂戴されるところでした。あぶないあぶない。イニDに限った話ではないんですけど、その思考は本当に人生もったいないことにするから!おもしれーから!レンタルでいいから!

 

あと、イニDのイベント行ったら声優さんだけではなく制作スタッフの方も何人かいらっしゃってお話して下さったんですけど、プロのドライバーの方にお願いして、サーキット貸し切って、スタッフ全員に本物のドリフト体験させたり、劇中に出てくる車と同じ車を用意して、マイクを色んな箇所に取り付けて、車内・車外の両方から聞こえるエンジン音とかドリフトの音を録音して使っているって聞いてすごく驚きました。マジかよ。今どきの人気声優使ってお金儲けですかとか思ってごめんな!!

 

観る前にいろいろ話は聞いていて、まずBGMにユーロビートが使われないっていうのは結構ショックだったんですけど、洋楽かっこよかった!溝落としの演出で一瞬だけ音楽が止まるのもかっこよかった!なんでEDが河村隆一なのかはちょっとよく分からないです!いずれ映画第3弾あたりで拓海VS涼介がやるんじゃないかと思っているのですが、そこで「Heartbeat」が流れないのは淋しいな~と思いつつ、どんな演出になるのか楽しみです。

 

いや~それにしても高橋啓介(CV. 中村悠一)ですよ!!め、めっちゃ良かった…「智一のとどっちが?」とかじゃなくて、どっちも良いよ!今現在放送・連載中の作品でも大好きなキャラはたくさんいますけど、イニDの映画観て元カレに会ったような罪悪感を呼び起こされるとは思いませんでしたよ…かっこよかった…あと色んなお洋服着せてもらえてるのも良かった…旧作は「おまえ本当に金持ちなのかよ」ってくらい同じ服ばっかりだったから…お兄ちゃんの部屋でハチロクの報告してる啓介めちゃんこ可愛かった。その持ってる医学書の角で殴られたくらいの衝撃あった。拓海くんはだいぶ高校生らしくというか幼くて可愛かった。ありゃ変なおじさんに声かけられちゃうよ!

 

何ならもう一回観に行きたいぐらいだったけど、上映期間が短くて行けず…でも次回は!中里が!諏訪部さんの声がする中里が来るから!すごく楽しみです。以下は先日10月4日(土)に行ったイベントのメモ書きのようなレポです。ちなみに夜の部に連れて行ってもらいました!

 

‐‐‐‐‐‐‐

 

 

‐‐‐‐‐‐‐

 

イニDといえばアーケードゲームということで、実際に筺体2つ用意して、バラエティ番組みたいに画面横に小さいカメラ付けてプレイ中の声優さんの顔と、プレイ画面が同時に2画面分割にされて大きいスクリーンに映し出されるのがすごい良かった!プレイ中は、待機中の声優さんが代わりにマイク持って「今どんな気分ですか?!」とか「好きな食べ物は何ですか?!」とかクソどうでもいいことをインタビューしてくれるマモちゃんと中村くんがお茶目でした。中村くんはどうしてマモちゃんがいるとめちゃくちゃ優しいし、めちゃくちゃはしゃいでくれるの。個人的には中村くんが白石くんに向けて聞いた「白石さん、この筺体いくらしますか?」がツボでした。ちなみにこのときの中村くんは「借金の取立てに来た人にしか見えない」と言われていました。そうだね、完全にカイジだったね。

 

あと中村くんは1戦目はインプレッサ選んで戦ってたんだけど、2戦目に「アニキの車で行きます」と言ってくれたので、豚は死にました。負けちゃったけどね!

 

‐‐‐‐‐‐‐

 

クイズ(※ベテラン志村さんが自らロケに行って作ったVTRからの出題)に正解すると、黒のミニTシャツ(藤原とうふ店のロゴ入り)と白のショーパンのパンダカラーに身を包んだコンパニオンが景品を運んで来てくれるのでやる気を見せる出演者陣。

 

マモちゃんの口から出るちょっとした下ネタが大好物勢なので嬉しかったです。

 

‐‐‐‐‐‐‐

 

プロドライバーの方が「誰よりも速く走ること、誰にも負けたくないこと、これだけの想いで走り続けてる」って仰っていて、まったく狂った世界だぜって思いつつも、めちゃくちゃかっこよくてしびれました。この人のお話、もっと聞きたい!オーディオコメンタリーに呼んで!「溝落としならできる」って言ってた。マジかよ!