読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はもっと素晴らしい

(整腸剤はおやつです)

2016.7.3 有安杏果ソロライブ「ココロノセンリツ 〜Feel a heartbeat〜 Vol.0

stardust event

有安杏果さんが、今日のことをブログに書いて、また何年後かに見せ合いっこ(とまでは行かないけど)できるようになろうねと言っていたので、熱が冷めない内に、勢いのみで、書きますね。

私がももクロちゃんを知ったのは、怪盗少女が発売され、すごくテレビに出始めた頃でした。「しゃべくり007」で華麗なムーンウォークをキメたと思ったら、突然ヘドバンみたいに激しく動き出した有安杏果さんに一瞬で心奪われ、そこから彼女たちのことを調べ、調べてる内に母がめちゃくちゃ惚れ込み、母娘でFCに入会し現在も継続しております。

有安杏果さん、ももかは、とにかくすぐ泣く!他の子もすぐ泣くけど、ももかはすぐ泣く!無理難題を突きつけられたら泣くし(そこで諦めずに立ち向かうから惹かれる)、嬉しくても泣いちゃう。初めての西武ドームでのライブで1曲目から(超満員の客席を見て嬉しくてビックリして)泣きながら出てきたときのこと、面白すぎて今でも覚えています。あと海に飛び込んで遊んでるメンバーに向かって、船上からビビりながら「足着く?足着く?」って話しかけてるももかは今でも何言ってんだ可愛い大賞です。

初めての横アリでは、1曲目から泣きはしなかったものの、後半の「走れ!」で照明を全部落として、灯りが超満員の客席のペンライトだけになったとき、メンバー全員の歌声が涙声になった瞬間を、昨日のことのように思っていましたが、あれ、4年も前のお話だったんですね。2012年。あれから4年、同じステージに立つももかを観に行きましたが、今度は私が1曲目から泣きっぱなしでした。こんな日が来るなんて。デビューして5年以上経つ子が1曲目に持ってきた曲の歌い出しが「スタートラインに立って 」「始まりの予感 あなたと感じたくて」なのがもう感動しすぎてしまい、昔1曲目から泣いていたももかを笑うことはできなくなってしまいました。それでも客席最前の方で号泣している女性に向かって「まだ泣かないんだから!もらい泣きしちゃうから!大丈夫?」と声をかけるももかは本当にももかだなあと安心しました。

そういえば開演前から演出が憎くてですね、

 

こんなんされたら泣いちゃうやろが!

 

他にも、以前にももかのソロ曲でコラボした在日ファンクが駆けつけてくれたり、後輩とのユニット曲を1人で歌ったり、ついこないだのツアーで初挑戦したドラムをまた披露してくれたり(しかも曲が私の大好きな「黒い週末」!)、そういえば1曲目の「feel a heartbeat」はエレキギター弾き語りだったわ…歌うことをやめない、「マイクを離さない」(新曲の歌詞にあった)、まだまだ進化をやめない決意表明を見せてくれて、本当に本当に、応援してきて良かった、好きでいて良かったと思いました。

私、自分のファン活動に関しては(ももクロに限らずすべてに関して)わりとドライな方だと思っていたんですけど(テレビやラジオ、雑誌を網羅することはまずない、気が向いたときにしか見ない)、1曲目からこんなに泣いちゃうくらいピュアだったのかよ〜!と驚きました。次は桃神祭だー!

著しい成長は見せたものの、やっぱり有安さんは有安さんだなと思ったレポ貼っつけておきますね!

アロマミスト外周やったアイドル、他に知らない…

あと今回のソロコンのために作られたアルバム、後日受注生産の受け付けするそうだし、1曲だけならiTunes Storeで配信されているので興味のある方ぜひ!特にアイマスPに聴いてもらいたい。絶対に泣くから。

帰って来てパンフ開いたら、20歳のももかから12歳のももかへのお手紙がはさまってて泣くわ!!ヤメテ!!これからも緑のシャツ着て行くからね!!